レーザーやニードルによる脱毛の乾燥リスクは?

脱毛サロンや美容外科クリニックなどで脱毛を行う場合、正しい知識を身に付けておく事は何よりも重要なことですが、特に「脱毛に伴うリスク」についてはしっかりと学んでおくことが大切です。エステサロンや脱毛サロンのように比較的、出力の弱い光しか使用することが出来ない施設では肌トラブルなどの脱毛によるリスクは低いですが、美容外科クリニックのような医療機関で行なわれる脱毛は医療用のレーザーを使用するため、お肌への影響やリスクが大きくなる傾向があります。

また、医療施設ではレーザー脱毛だけでなく電気針を使用して行う「ニードル脱毛」も行われていますが、こちらもレーザー脱毛と同様にお肌へのリスクは非常に高いと言えます。そのため、美容外科クリニックのような医療機関でレーザー脱毛やニードル脱毛を行う場合は、事前にしっかりとリスクについての知識を深めておくことが大切です。

通常、レーザー脱毛やニードル脱毛のような強力なパワーを用いて行われる脱毛方式では毛穴に異常をきたす恐れがあります。もちろん、脱毛に成功した場合でも施術直後には一時的な乾燥肌を発症しますが、これはレーザーやニードルによってお肌が炎症を引き起こし、皮膚中の水分量が減少した事によるものです。

しかし、レーザー脱毛やニードル脱毛を行った後、稀に慢性的な乾燥肌を発症することがあります。これは強力なパワーによってムダ毛の毛乳頭だけでなく、その周囲にある皮脂腺まで焼き切ってしまうことで引き起こされます。こうなってしまうと症状は改善されず、半永久的な乾燥肌を招いてしまう事にもなりかねないので注意が必要です。

http://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/pref_11/area_ss21