サロンやクリニックでの脱毛がNGな日は?

最近では格安で脱毛が行えるエステサロンや脱毛クリニックが増えた事で、経済的な余裕の少ない若い世代の女性でも比較的、簡単に脱毛にチャレンジする事が出来る時代になりつつあります。

しかし、脱毛を成功へと導きたい人やスムーズに脱毛したい人は必ず脱毛を始める前に正しい知識を身に付けておく事が重要です。
女性の場合、体内のホルモンバランスが変わる生理中や妊娠中、子供への授乳期間中では脱毛を行えなくなります。何故なら、脱毛サロンやクリニックで行われている光脱毛は体内のホルモンバランスに左右される「毛周期」に沿う形で行われるため、ホルモンバランスが変化して毛周期が乱れている状態で脱毛しても効果が期待できないからです。そのため、生理の日や妊娠中、授乳期間中の女性は必ず担当のエステティシャンやスタッフに申し出て、一旦脱毛を中止する事が大切です。

エステサロンや脱毛クリニックでは毛が生え変わるサイクルの中でも特に体毛の細胞分裂が活発になる、「成長期」のタイミングに合わせて特殊な光を照射して脱毛を行います。この成長期を迎えたタイミング以外で光を照射してもムダ毛の毛根に細胞レベルのダメージを与える事は出来ないため、毛が生え変わるサイクルが予想しにくい生理中や妊娠中、産後の授乳期間中に脱毛を行うのは避けた方が良いというわけです。

また、特に生理を迎えた日は女性器の周辺部分は不衛生になりがちなので、なるべくアンダーヘアの脱毛は延期するように申し出た方が無難です。

大宮で医療脱毛情報ならこちらをご利用ください。