脱毛前日~当日までにやってはいけない事

脱毛を行う場合、事前に正しい知識や情報を知っておくことは非常に重要です。たとえば脱毛の前日や当日にやってはいけない事を知っておくだけでも脱毛の進行が非常にスムーズになりますし、時間のロスを防ぐことが出来ます。
脱毛前にやってはいけないNG行為については幾つか挙げられますが、代表的なのは「紫外線による日焼け」です。

現在、エステサロンや脱毛クリニックで行われているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛といった特殊な光を利用して行う脱毛方式では、ムダ毛に含まれるメラニン色素に光を反応させて熱エネルギーを発生させ、その熱によってムダ毛の毛根に細胞レベルのダメージを与えていきます。しかし、紫外線を浴びて日焼けをした場合、皮膚中のメラニン色素が増えてしまうので光を照射したときに炎症を起こしたり火傷を負うリスクが高くなってしまいます。

また、脱毛の前日~当日までは「予防接種」や「薬の服用」はなるべく避けた方が無難です。何故なら予防接種や薬の影響で身体が通常よりも弱っているときに脱毛を行うと、普段は現われないような肌トラブルが発生する可能性が高くなるからです。たとえば赤くポツポツとした蕁麻疹やお肌のかぶれ、施術部位を中心としたただれなどが挙げられます。

また、脱毛の施術を受ける前日~当日の間にアルコールを摂取するのも出来る限り避けた方が良いと言えます。なぜならアルコールは血行を促進させて体温を上昇させるため、皮膚に熱がこもって施術後の炎症やかゆみを引き起こす原因になり得るからです。