脱毛後の乾燥肌にはより注意を払うべき理由とは!?

エステサロンや美容専門のクリニックで脱毛を行おうと考えたとき、まず最初にやるべき事としては正しい知識を身に付ける為に行う「情報収集」が挙げられます。

今の時代、少しインターネットを活用すれば簡単に脱毛に関する情報は集まりますし、自分で知識を深めようとすれば幾らでも実行できます。
サロンやクリニックで行われる脱毛は「特殊な光を照射して行う脱毛法」なので、お肌への影響が少ないとはいえ余計なトラブルを避ける為にも事前の情報収集はしっかりと行っておくことが重要です。脱毛時や脱毛後の肌トラブルとして特に多いのは火傷や炎症といった症状ですが、その次に多いのが「乾燥肌」やそれに付随したトラブルです。

通常、脱毛後はお肌が敏感な状態へと変化すると言われていますが、それは特殊な光を浴びた事によって皮膚中のメラニン色素が反応し、熱エネルギーが発生した事で起こる「炎症」によるものです。特にクリニックのような医療施設で行なわれるレーザー脱毛は高い出力の光を使用して行われるため、お肌の炎症を引き起こし易いと言われています。

この炎症の影響でお肌のバリア機能が低下してしまい、さらには角層水分蒸散量が増加する事によってお肌が乾燥しやすくなってしまうのです。そのため、脱毛後は必ず入念な保湿ケアを行い、施術を受けた日から数日~1週間ほどは保湿ケアを続ける事が大切です。また、熱の力によって炎症が起こってしまったお肌に対しては化粧水などで冷却処置を施し、炎症を鎮める為のケアを行う事が大切です。

大宮で医療脱毛情報サイトを利用しましょう。