脱毛による火傷や色素沈着のリスクって!?

正しい知識や情報を身に付けた上でエステサロンや美容外科クリニックのような専門施設での脱毛を受ける事は賢い方法であり重要なことですが、何よりもまず知っておくべきなのは「脱毛に伴うリスク」についてです。
通常、エステサロンや美容外科クリニックでは特殊な光を用いて行うフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛といった「光脱毛」がメインで行われますが、どちらかと言えば脱毛によるお肌への影響やリスクを心配する必要があるのは強力な出力の光を使用して脱毛を行う「クリニックでの医療脱毛」です。

美容外科クリニックのような医療施設で行なわれるレーザー脱毛はムダ毛に含まれる「メラニン色素」に反応する性質がありますが、このメラニン色素は私たち日本人のような黄色人種の皮膚の中にも僅かながら含まれています。

そのため、レーザーを照射する事によってムダ毛周辺の素肌に軽い炎症を引き起こすケースは数多く見受けられます。しかし、稀に光の出力が高過ぎてしまった場合に「火傷」や「色素沈着」といった症状を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。
医療用レーザーを出力が高めのまま照射すると、皮膚中のメラニン色素に光が反応して過剰な熱エネルギーを発生させてしまいます。

この熱エネルギーによってお肌が火傷を負ってしまうのですが、この火傷を安易に放置していると今度は傷跡が「色素沈着」を起こしてしまう恐れがあります。素肌が色素が沈着してしまうとせっかく脱毛しても見た目を損なってしまう恐れがあるので、クリニックでの脱毛を行う場合は事前にしっかりとリスクについて把握しておく事が大切です。