脱毛処理を施した日の入浴は避けるべき!?

クリニックや脱毛サロンで脱毛を行った直後のお肌というのは非常にデリケートな状態になっており、アフターケアに関する正しい知識や情報を身に付けておかなければ重大な肌トラブルへと発展する恐れもあるので注意が必要です。

重要なのは脱毛処理を行った「当日」に行うべきアフターケアに関する知識と、逆にやってはいけない行為や行動に関する知識をしっかりと身に付けておく事です。
脱毛後の素肌はお肌に照射したIPLや医療用レーザーによって軽い炎症を引き起こした状態になっているため、非常に敏感かつデリケートです。そのため、脱毛処理を行った当日はなるべくお肌への刺激を与える行為は避け、特に「入浴」は避けた方が無難です。

脱毛後の入浴がNGな理由としては、何よりもまず「施術部位を温めてしまう事」が挙げられます。脱毛後のお肌というのは先にも述べたように軽い炎症を起こした状態となっており、熱を持っているので入浴によって体温が上がると炎症が悪化したりかゆみを発症する恐れがあります。

そのため、脱毛当日の入浴はなるべく避けてシャワーだけに留めておき、シャワーを浴びた後は施術部位に熱が留まらないように冷却したり化粧水や乳液で保湿ケアを行うことが大切です。また、湯船には雑菌も非常に多く存在しているので、脱毛当日の敏感なお肌をそこに浸けるのは非常にリスクが高いと言えます。そのため、雑菌が多く存在している湯船に浸かることはお肌の炎症を悪化させ、酷い場合には色素沈着を引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。