様々な薄毛に対応できる自毛植毛

by author



髪の毛は、頭部を守るために生えている体毛の一種です。しかし、命に直接関係している部位ではなく、栄養素の残りの部分により作られています。

初めてでもわかりやすい、Yahoo!知恵袋のための情報を提供するサイトです。

このために、東洋医学では血の余りと表現されています。


現在では、髪の毛が何故抜けるのかについてはかなり分かっていますが、抜けた髪の毛を回復させる方法については未だ明確ではありません。
例えば、現在の薄毛治療で最も医学的な評価が高いのは、男性型脱毛症の治療薬プロペシアと薄毛の治療薬として使用されているミノキシジルという成分です。



これらは、いずれも元々は違う症状を改善するために開発された成分であり、使用後に脱毛症に対しての効果が確認されたことにより治療薬として使用される様になったという経緯をたどっています。

つまり、偶然性が極めて高いということであり、ミノキシジルの場合は現在でも作用機序については完全には分かっていません。

ただし、原理が判明している薄毛の治療法も開発されています。
それは、自身の毛根を採取して薄毛部分に移植する自毛植毛という方法です。

これは、外科的なテクニックによる薄毛治療で、皮膚科学の社団法人からもプロペシアやミノキシジルに次ぐ高評価を得ています。

自毛植毛は、効果と共に副作用の危険が無い安全性の高さも魅力の治療法です。

植毛の情報を知りたい方必見です。

これは、自分の毛根を使用することによるもので、定着する確率もかなり高めです。

イギリスのサッカー選手が自毛植毛を行ったことにより、見違える様な姿になったことも報道されており、国内にとどまらず世界中で実施されています。